迷彩思考回路

脊髄損傷で寝たきりの人が、脊損のコトと普段のコトを書き散らすところ。

【脊髄損傷】排泄とかオムツとかシモの話

一応断っておきますが、生物学上は女なので付いてません。そして、あけっぴろげに見えるけど、性的にハァハァできる話じゃないです。
文体はどうあれ、真面目な話…。
こうなってる身ですが、自分の事しか解らないので、医学的な話をお求めの方は、自力で調べてくださいね。

今回は排泄の話

食事中でこんなとこ見てる人はいないと思いますが、ウンコとオシッコとオムツの話だから!大丈夫な人だけ読んでね!

人間、飲み食いすりゃ出るんですが、頭から尾てい骨までの脊髄どこを傷つけても、排泄に障害が出るそうです。出なきゃ体に悪いし、詰まれば最悪死にます。
出たい感覚も出た感覚も弱くなる…というか、健常の頃の感覚はほぼないし、自分の力ではどうにも出来ません。自然に任せても十分じゃないです。

ここが介護の力に頼るときだ!!(カッ)

脊髄損傷になりたては虚しくて仕方なかったですが、とりあえず生きられる所まで生きようと思った時に、ただでは死なんぞと。まあ、これ打ってる時点で脊損8年目ですが、やってるうちに慣れました。そんなもんです。

排尿(オシッコ)について

私はまだ自尿で多少なり出るので、ケガした当初からオムツ対応です。(オムツの話は後述)
ただスッキリ全ては出ないし、うまく出ない時は800ml近く溜まっていたこともあって、お医者さんに怒られました。
なので、ヘルパーさんやデイサービスでのオムツ交換時はマッサージと腹圧、家族対応の時はマッサージ腹圧に加えて、セルフカテーテルで全部出すようにしています。
自力排尿しても自分で解りません。だからオムツしてるんだけど。セルフカテーテルで一気に抜いた時に、ああ内蔵の突き上げが緩和したかな?程度の感覚です。変化があっても、自分では気付けないので、尿量は計って表につけるようにしてます。
オムツ交換の時間については、前の記事『404の脊損と生活サイクルの話』をどうぞ。

ちらと脊損のことを調べた時に、何人か排尿のことを書いていましたが、

  • 膀胱瘻(ぼうこうろう。膀胱と腹に穴を開けて、管から出す)
  • バルーン(尿道からカテーテル。袋にある程度溜めるやつ)
  • セルフカテーテル(脊損でも手が使える人が、自分で)

というような感じでした…。

「膀胱も筋肉で収縮するから」みたいな事をお医者さんに言われましたが、脊髄を傷つけると触覚とかも感じなります。筋肉も自分で動かせなくなるのですが、自然である程度、機能を保っていられるものなら、それに少し任せるつもりで。
流石に膀胱瘻で腹に穴を開けるのはちょっと怖いし、膀胱が完全麻痺と言う訳ではないので、頑張ってもらおうと思ってます。

排便(ウンコ)について

排便は週2回、訪問看護をお願いして、座薬→摘便という形を取っています。
薬も入れずに自力で出たら、(便の形状にもよりますが、)お腹の具合が悪いか、すごく溜まりすぎててやばかった時かと…
退院したくらいは、座薬が効いてくると、自力でも出そうとしていたのか、冷や汗をじわじわかいてました。今は、座薬→お腹マッサージ中に自然排便という流れでも、汗はかきません…やっぱり良くも悪くも慣れみたいです。
この周期慣れているけど、人為的に便秘の状態にしているとかっても過言ではないので、それなりにお肌とかに影響はあります。仕方がない。

脇辺りから下は、どうあがいても踏ん張れないので、出そうという気持ちだけになります。
脊損以前のような出た感覚はないですが、出したらその分だけお腹に溜まっていたものが出るので、お腹が楽になります。最近はオナラも自力で出にくいので、一緒に出ると、なおスッキリ。

ゲップとオナラが出にくくなる話は別の記事書こうかな。

オムツの話

もうオムツ生活をして、記事書いてる時点で8年目です。今は安定して漏れもほとんどなく過ごせていますが、マイベストオムツの組み合わせに至るまでは色々とありました。

私が使っているのは…
→アテント 夜1枚安心パッド 仰向け・横向き寝でもモレを防ぐ 6回吸収

→エルモア いちばん幅広フィットテープ止め
です。
個人や介護者さんによって、使いやすいとか吸水回数少なくてもいいとか、色々あると思うので参考程度に。404は、オムツ替えの時間が頻回に取れないので、長時間OKそうなのを探してこの組み合わせです。

あと…何をしても漏れるのは、動ける人は動いてしまった結果もあると思うので、動ける人用のオムツを検討してトライアンドエラーかと思います。

が、寝たきりで動けない404みたいな場合は、ほぼほぼオムツをしてくれる人の腕です。

404のお世話になっているヘルパーさんは、オムツの仕方に研究熱心な人が多くて安定してますが、看護師さんはわりと雑な人多いです。
入院してた時は、オムツを研究してると言っていた助手さんを除いては、漏れに漏れていました。入院患者もすぐ入れかわるし、人手も時間も足りなきゃ仕方ないんだろうけど。
とはいえ、今の訪問看護師さんも、お世辞にも上手くないし、曲がってること多くて、これは漏れるだろと見兼ねた母に直してもらってます…(漏れた時に大変なのは、洗濯物が増える母と取り換える人だし)

シモの話の締め

なんでこんな事書いてるんだろうとも思ったんですが、多分この事は困ってたし、無力感感じるなぁ と思った…けどひたすらに何もできないから、どれやっても無力なんですけどねー
読んだ人の何か糧になれば、良いかなと思います。

そして、365日オムツを替えたりシモの世話をしてくれる母曰く
「自分がされたり、家族がされたら嫌だなという、オムツの仕方をしない」
だそうです。まぁそうなんだけど。
なんでも時短で出来るのがいいってわけじゃないんだぜ、その人に合ったオムツの仕方の研究、大事。という話。 そんなこんなです。

四肢麻痺の方は、ここも読むといいかも…
→はがき通信